妊娠中の水分補給ポイント!

妊娠中は、トイレが近くなることから、水分を控える妊婦さんが多いです。
それでは、脱水症状や貧血、むくみのきっかけを作ってしまいます。
また、夏の暑い時期は熱中症も気になります。
こまめに水分補給することが大切です。

 

 

妊娠中は、妊娠前に比べても汗をかきやすく、水分不足になりがちです。
汗や尿で、1日に2リットル近くの水分が排出されます。
食事で水分を約1リットル摂取しても、残りの1リットルは飲料から摂取する必要があります。
妊娠初期でつわりで食欲が半減しても、水分だけはこまめに摂取することを心がけましょう。

 

 

また、妊娠中は便秘になりやすいですね。でも、妊娠中は便秘薬は飲めない・・・。
医薬品に頼らず便秘を解消するのが、天然水に含まれる「マグネシウム」です。
マグネシウムは、腸内のぜん動運動を活発にし、スムーズな便を促してくれるのです。

 

このマグネシウムを含む天然水は、妊娠中の栄養補給の面からも役立ちます。
マグネシウム以外にもカルシウムやナトリウム、カリウムなどが含まれています。

 

つわり中で食事が喉を通らない時でも、水で栄養を摂取出来るのです。
天然水を上手に利用して、マタニティライフを楽しんで下さいね。